カテゴリ:ビザ( 3 )
by Mink
ビザの話 ~完結編~
彼が「配偶者ビザを申請しよう!」と言い出してから3ヶ月。
この準備期間はまさに"レイジーOZとの戦い"だった。

前回のビザの話OZ vs NZにも書いたけど、とにかく彼を動かすのが大変で
仮に動いてくれたとしてもとんちんかんなことばかりするので、
ほんとうにイライラの毎日だった。

申請書の記入ひとつにしても、
質問をよく読まないのでまったくあてはまらない答えを書いたり
それどころかスペルミスや文法の間違えまであったりする。(ネィティブのくせに)

指摘すると「君の英語力を試したんだよー わっはっは~」と苦しい言い訳。

もう何度ブチキレタことか…

そして今日、移民局に申請しに行った時もやっぱり彼はとんちんかんだった。
担当者 「いつから一緒に住んでるの?」
彼    「ん~ いつからだっけなぁ~」
担当者 「では、いつ今の家に引っ越しましたか?」
彼    「ん~ いつ引っ越したっけなぁ~」

昨日の夜、さんざんおさらいしたのに答えられない。
別に嘘を言うわけではないのに、何で答えられないのよぉぉぉー!!ヾ(*`Д´*)ノ"

それから面接までの間の15分間、必死に覚えさせたので面接の時には答えられた。

が、彼のへんてこりんはそれだけではおさまらない。

面接官に「君は日本語を話せるの?」と聞かれ、てっきり「No」と言うのかと思ったら
「日本で居酒屋に行った時、"スイマセーン"って店員を呼んだんだ。
僕はカルピスサワーを注文したんだけどね。
あ、あとwait a minuteは"チョットマッテー"って言うんだよ。
あと知ってる日本語は……」
と、眼をランランを輝かせながら説明していた。

 そんなところで張り切らなくていいですからぁぁぁー!!

そして…なんと1時間後にビザはもらえました!! 
即日発行はありえないと思ってたので、ビックリ!

帰り際、「いやぁ~ 簡単だったね~」と連発していた彼。
そうね、準備の9割は私がやったからねー

とかなんとか言ってるけど、やっぱり嬉しいです。
だって、当分はビザに悩まされなくて済むんだもーん♪

準備期間中お世話になったのはliving room♪というHP
移民局のHPよりも数倍…いや、数万倍役に立ちました!

人気ブログランキング、いつも応援ありがとうございます!
おかげさまで4位になりましたぁー(≧∇≦)

[PR]
by Mink by mink3753 | 2005-04-14 21:38 | ビザ
OZ vs NZ
今日はこのあいだN.Z人の彼と結婚したばかりの絵里子ちゃんが家に来た。

彼女もこれから配偶者ビザを申請するので、
ほとんど準備し終わった私のところに色々聞きに来たのだ。

この配偶者ビザの申請って、ほんとにほんとにほんと~に面倒くさい!

集める書類の多さにも嫌気がさすけど、
それより何よりイライラするのは、オトコ共が動かない(-_-;)

たとえ動いたとしても、慎重にやらないからすぐ間違える。

で、『それではダメだ!』と言っても『大丈夫、大丈夫』と、
変な自信を持っているから非常にたちが悪い。

結局、うちらは3ヶ月近くかかって全部の書類を集めた。(A4サイズのファイル、厚さ5cmぐらい)
ここ最近準備し始めた彼女は、只今イライラの真っ最中!
1番の理由はもちろん"ダンナが動かないから"

早く終わらせたい彼女は、うちらのことを例に出して

 『ね、とっても時間がかかるのよ。だからさっさとやっちゃいましょー』

ということをダンナに伝えたかったらしい。

ところが…
『ははは OZはレイジーだからねぇ~』 と笑い飛ばされたと言う。

そして私が彼に
『絵里子は今準備で大変なんだってー』と言ったら
『ははは N.Z人はレイジーだからねぇ~』 と、まったく同じことを言った。

大丈夫。あなたたちそんなこと言い合いしなくても

"どんぐりのせいくらべ"ですからぁぁぁぁぁぁあああーゞ( ̄∇ ̄;)

どうすれば彼らが"レイジー"だということを自覚してもらえるんだろー
誰か教えてくれ……

いつも応援ありがとう♪ 今日も1票おねがいしまぁーっす!
[PR]
by Mink by mink3753 | 2005-04-11 19:40 | ビザ
ビザの話 
d0008874_932226.jpgオーストラリアで生活するにあたって、絶対に必要なものがビザ。
このビザに悩み苦しんだ人はたくさんいると思う。
手続きは面倒だし、ややこしいし、
そして移民局の担当者によって言うことが違うので、
それに惑わされる。

ビザの種類はいろいろあるんだけど、
これから私と彼が申請しようとしているのは"配偶者ビザ"。
これは結婚しているか、もしくは籍が入っていなくても1年以上生計を共にした2人が申請できるのです。 

うちらは後者。


d0008874_9153916.jpgでも、オーストラリアでは他人と一緒に"シェア生活"をするのは、ごくごく当たり前。
いかにこれとは違い、『二人は本物のカップルよ!』という証明をしなくてはならないので
ありとあらゆるモノを証拠として提出しなければならないのです。



その提出する書類の一つに、"私たちの関係の歴史"というものを書かなければいけなくて
自分達が「いつ・どこで・どうやって知り合ったか」「どう気持ちが変化していったか」「将来はどうしたいか」…などなどを詳しく書かなくてはいけないものがある。
(まったく、大きなお世話だ!)

昨日の夜、彼が自主的にこれを仕上げようとした。
前にほとんど書いてしまったので、あとは"将来のプラン"だけだったんだけど。

で、書き終わったあと読んでみたらビックリ!!\(◎o◎)/

『オーストラリア国内はもちろん、海外旅行に行きたいです。』
『来年は、ウェイクボーディングとウォータースキーの大会に出たいです。』
『もっと仕事を頑張ります。』


ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン!!

こ、これって2人の将来のプランじゃないじゃん!全部自分の希望じゃん!
七夕のお願いみたいなコト書いてどうするんだよ!
そんなの、移民局は知りたくないって…(-_-;)

でも、「どうだ!僕はちゃんと書いたぞ!」と満足気な彼の顔を見たら
何も言えなかった。
あぁぁぁ~ あとで書き直さなくちゃ…

ベスト8までもうちょっと!

*この記事はmakoさんの気ままにシドニー♪♪にトラックバックしています*
[PR]
by Mink by mink3753 | 2005-04-06 23:50 | ビザ